U.K様邸|東近江市

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

コンセプト

お家のコンセプトは“結集家”です。
OpenHouseに足を運んで頂きました中で、お施主様がとても気に入られた間取りやデザインを元に、
土地形状・お施主様のライフスタイルに合わせたご提案を融合したこだわりのお家に仕上がりました。
オリジナルで作ったTVボードや食器棚の壁面にはデザインタイルを施しました。
また、より美しく見える様に間接照明でライトアップが出来る照明計画をすることで
夜の時間をご家族でゆっくりと楽しめる空間へとなりました。
又、玄関・WC・LDK・寝室に設けた奥様こだわりの調湿性の高いエコカラットも見どころのひとつです。

外部仕様 内部仕様 オリジナル家具
外壁材:高性能サイディング
    吹付現場仕上げ、
    ガルバリウム鋼板
屋根材:ガルバリウム鋼板
鋼製建具:LIXIL(サーモスⅡ-H)
仕様:長期優良住宅
断熱材:H28年度省エネ基準適合材
床材:無垢フローリング、
   既製品フローリング、
   フロアータイル、
   樹脂畳、タイル
壁材:クロス、エコカラットタイル
天井材:クロス
洗面台
キッチンカップボード
キッチンカウンター
TV台
和室家事台
WCカウンター
オリジナル建具 設計・施工 面積
階段
和室
設計 株式会社A-BEST
施工 株式会社A-BEST
敷地面積 167.36㎡
1階床面積 74.22㎡
2階床面積 69.11㎡ 
延床面積 143.33㎡
ストーリー

家づくりのきっかけ

 

私たちは家を建てるかどうか迷っていました。土地を探しては立ち止まり、少し家を考えるぞと思っても立ち止まりの繰り返しでした。

そんな中でもA-BESTさんは私たちの求める情報を何度も探して頂きました。

前向きになれなった部分が多くありましたが、その不安を取り除いてくれたA-BESTの皆さんがいたことこそが”家を建てよう”となったきっかけです。

 

A-BESTとの出逢い

 

A-BESTさんとの初めての出逢いは、八日市でやっておられたOPEN HOUSEでした。

当時住んでいたアパートに入っていたチラシを見て何となく興味があったので見に行ったのがきっかけです。

初めてA-BESTさんの家を見せて頂いたとき、今までこんなに住む人の個性や想いが全面に出ている素敵な家は見たことがない‼と感動しました。

それからOPEN HOUSEの度に見に行かせて頂き、A-BESTさん以外で私たちが思っている家は建てられない‼と思いA-BESTさんに決めました。

家に求めているもの

 

今回家をつくって頂く中で、私たちが一番こだわったことは、長くキレイに住める家です。夫婦ともに働いているので、家の整理・掃除がなかなか難しい…ということから、手入れのしやすい家を目指しました。私たちの無理なご要望にも全力で一緒に考えてくださり、可能にしてくださったA-BESTさんには本当に感謝しています。

また、機能性ばかりを重視するのではなく、おしゃれで且つ住みやすいという空間になるようたくさんのアイデアも出してくださったので、イメージ通り以上の家になりました。

今までアパートでの生活で、娘がどんどん大きくなり、狭くなってきたお風呂の空間でしたが、新しい家は何もかも今よりもゆったりとした空間なので、家族みんなでゆったり過ごし、また3人でお風呂に入って楽しい時間を過ごそうと思っています。

お家造りについて

 

忙しい毎日を過ごしていたこともあり、初めの頃はどちらかと言えば打ち合わせにも消極的だったかもしれません。

けれど、自分たちの要望に応えてくださるところや笑顔を絶やさず接して頂くにつれて、家を建てることに意欲的になっていき、打ち合わせが楽しみにもなっていきました。

そして楽しみにしていた上棟の日を迎え、”これからもっと頑張らなくては”という想いと”早く新しい家に住みたい”というワクワク感でいっぱいになりました。

完成が近づくに連れ、”素敵な家になってほしい”とどんどん願うようになりました。

 

A-BESTより

 

始めてA-BESTのOpenHouseにご来場していただいたのは4年前の事でした。その頃は建築場所もまだ決まっておらず、新しいお家に夢膨らましておられました。

それから、A-BESTのOpenHouseには必ずお越しいただく様になり、設計士とも話すなど動線なども参考にし、自分達ならではのお家作りとライフスタイルを考え具現化されました。

そしてその後出産等もあり数年後に着工、そんな風に思いの沢山詰まったU様邸が完成を迎えた今、A-BESTとU様ご家族の間には何物にも代えがたい絆が生まれているように感じます。

今後とも末永くU様ご家族をA-BEST一同応援しております。